すでにイラストレーターとしての仕事を始めるために、いくつかの企業へ応募している方も多いと思います。なかなかいいお返事を頂けませんよね。

イラストレーターの仕事は他の仕事と比べても特に専門性が高く、転職の際は実績やスキルがかなり重視されます。特に未経験の場合は実績がないので、転職活動が難しくなるのも仕方がありません。

では、どうすればイラストレーターとしての仕事を始めることができるのでしょうか?

イラストレーターになる定番の3つの方法

  1. 出版会社にポートフォリオ(作品集)を持ち込む
  2. 転職エージェント経由で企業に就職する
  3. pixivやTwitter経由で仕事を頂く

イラストレーターとして仕事を始める方法は上記の3つが定番です。先に結論を言ってしまうと、実績が少ない人ほど2.転職エージェント経由で企業に就職する方法がおすすめです。

出版会社にポートフォリオ(作品集)を持ち込む

一番思いつきやすい転職方法が、コレですね。求人は求人情報誌や転職サイトに掲載されていますので、未経験の人でも簡単に応募することができます。

しかし、応募へのハードルが低いことで逆に難易度が上がっていることがあります。応募するのは未経験の人だけではなく、すでに実績を積んだ人もいます。ライバル達のポートフォリオには企業との実績がズラっと書かれているため、未経験で勝ち残るのは相当厳しいです。

また、デザイン系の専門学校を卒業した人は自分で出版社にアポを取って持ち込みをしているパターンが多く、営業力(自分を売る力)が鍛えられています。しかも、ある程度実績が付いている人でも「営業活動だけはかかせない」という人がゴロゴロいますので、採用してもらえる確率はかなり低くなります。

転職活動が上手く進まないと「こんなに応募してるのに、なんで採用されないの?」「やっぱり実力ないのかな…」と思ってしまいますが、実は単純にライバルが強すぎるだけということも多いです。特に企業は失敗が許されませんから、実績のある人材から採用していきます。素人から見れば、イラストレーターの良し悪しは判断しにくい(全員上手いので)ですしね。

転職エージェント経由で企業に就職する

じゃあどうすれば経験者の中を勝ち抜いて仕事をゲットできるのか?というと転職エージェントに仕事を紹介してもらうのです。

転職エージェントは仕事を斡旋している人材紹介サービスであり、求職者の希望に合った求人を紹介するのが仕事です。「スマホゲームのキャラ絵を描ける仕事がしたい」と伝えればゲーム制作会社の求人を紹介してもらえ、「雑誌やポスター、パンフレットのイラストやキャラを描きたい」と伝えれば制作会社や広告代理店の求人を紹介してもらうことができます。

しかも、キャリアコンサルタントは企業の人材担当者と直接会って「どんな人材が欲しいのか?」ということ打ち合わせております。人材担当者からすれば、自分の欲しい人材を伝えているキャリアコンサルタントから紹介されたイラストレーターなら「採用してもいいかも」と思いますよね。

転職サイトや持ち込みでは、採用担当者から見たあなたは応募者の中の一人ですが、転職エージェントでは信頼できる人からの紹介という形になりますので、よっぽど態度が悪かったりスキルが低くなければ、無条件で弾かれてしまうこともありませんよ。

また、求人紹介以外にも『転職に必要なスキルのチェック』『職務経歴書の添削』『面接のアドバイス』など、転職活動をトータルでサポートしてもらうことができます。結構ズバッと意見を言ってくるキャリアコンサルタントも多いので、「叱咤激励をしてもらいたい」という人にはかなりおすすめです。

転職エージェントは全て無料で利用できますので、転職で悩んでいる方は一度相談に行ってみるといいですよ。

【おすすめ転職エージェント】

pixivやTwitter経由で仕事を頂く

最近では自分の作品を発信するツールも増えてきましたよね。実力のある人限定になってしまいますが、pixivやTwitter経由で仕事を頂くこともあります。特にTwitter経由での仕事は意外と多いです。

最近では企業が自社のWebメディアに力を入れており、そのWebメディアには漫画を使った説明が入っています。Twitterで自分に起きた経験や考えを漫画にして発信している人は、こういったWebメディアから声がかかり仕事に繋がっているケースがあります。

すぐに仕事に繋がる方法ではないため、急いでイラストレーターとして働きたい人にはおすすめできませんが、「もしかしたら仕事に繋がるかも?」という気持ちでアカウントを作っておくのもいいかもしれませんね。

まとめ

実力世界のイラストレーターでは、なかなか転職活動が進まないことも多いです。しかし、今回ご紹介した転職エージェントのように、転職方法を工夫するだけでも転職成功率をグッと上げることができます。

ある程度のスキルは必要ですが、素人からすれば一定ラインを越えた絵なんてどれも同じようなもの。あなたが採用されないのも、「単純に実績が豊富なイラストレーターさんが同時に応募しているから」ということもあります。

自分の能力を悲観する前に、まず転職エージェントへ相談に行き、何が原因で不採用にされているのか確認してもらいましょう。

【おすすめ転職エージェント】