転職で必ず必要になるのが『志望動機』。採用の合否に大きく関わってくる部分であり、「絶対に失敗できない…」と考えるとどんなことを書けば(or答えれば)いいか分からなくなりますよね。

そこで今回はゲーム業界の転職で使える志望動機の作りのポイントをご紹介していきたいと思います。職務経歴書に書くときや、面接で質問されたときの答えを作る時の参考にしてみてください。

ポイント1.なぜその企業を選んだのか

経験者の場合

すでに業界での経験がある場合は、自分なりに「どういった仕事がしたいのか?」というビジョンがあるかと思います。このビジョンを達成するためには御社が最適だと考えたからということを伝えると、面接官から好印象をもらうことができます。

実際問題、「他の会社でもいい」「本当は給与面に魅かれたから」など「絶対にココしかダメ!」という方が珍しいのですが、やはり採用する側としては長く頑張って働いてくれる人材が欲しいですので、上手に理由を絞り出して行きましょう。

未経験の場合

おそらく応募する企業はあなたなりの受けたい理由があるかと思います。「過去作品の中で好きなものがある(感銘を受けた)」「作っているゲームの方向性が自分の作りたいものと一致している」「尊敬するクリエイターが所属している」「ユーザーが継続して楽しめるスマホゲームを作る姿勢に魅かれた」など、この部分はあなたの熱い思いをぶつけるようにしましょう。

あまり小難しいことは考える必要はありません。採用担当者は定型文のような志望動機を見飽きていますから、多少おかしな文章になってでも「御社で働きたいです!」ということを伝えた方が採用担当者の目に留まりやすくなります。

問題は「どりあえず働ければどこでもいい」という人。『とりあえず働きたい』と『ゲームを作りたい』という2つの気持ちを天秤にかけた時、前者の気持ちが前に来る人は採用されにくいですし、たとえ就職できたとしても数年で退職してしまう可能性が高いです。

ゲーム業界はやりがいのある仕事ばかりですが、そのぶん大変な面もあります。また、業界内で働いている人はゲームが好きで働いている人ばかりですので、そこまでゲームが好きではないorやりたいことがなかったからなんとなくゲーム関係の仕事がしたいという中途半端な思いでは働いていても苦しいだけです。

採用担当者もこのことを十分理解していますので、「なぜ弊社を選んだのですか?」という質問に対しては『ゲームがとにかく好きでしょうがない』ということをプラスして選んだ理由を説明すると、周りよりも一段階レベルの高いアピールができますよ

【アピール例】
私は子供の頃からプレイステーションやゲームキューブなどのコンシューマーゲームが好きでした。大学生になってからは実際に自分でもゲームを作れるということを知り、実際にUnityを使いいくつかの作品を作り、公開などもして遊んでいました。初めての就職時は「ゲーム作りは趣味」「プロの世界では通用しない」と考えていたため営業職で一般企業へと就職しましたが、働いていくうちに「やっぱりゲーム業界でもっとレベルの高いゲームを作りたい」「もっと多くの人に喜ばれるゲームに自分も携わりたい」という気持ちが強くなり、このたび御社への転職を希望しました。御社を選んだ理由は、昔から好きだったゲームの多くが御社の作品であったことと御社の作品と自分の作りたい作品の傾向が似ていたからです。

ポイント2.自分のスキルをアピール

経験者の場合は自分の実績を中心にアピール

経験者の場合は、過去の作品での実績をアピールするのが定石。「広告なしで40万ダウンロードを達成した○○の制作に携わった」「○○という作品の企画を考えた」「下請けでコーディングやっていました」などを説明し、そこに『御社を選んだ理由』を絡めると面接官から高評価を得ることができます。

また、スキルだけではなくコミュニケーション能力があることをアピールしておくことも大切です。雇う側としては、職場の人間と円滑に仕事を進められるか?ということも採用のポイントとなってきますからね。

実績アピールのときに「周囲の人間とどのような協力の仕方をしていたか」を合わせて答えておくといいでしょう。

未経験の場合は独学で学んだことをアピール

未経験の場合は、独学でどんなスキルを学んだかをアピールするようにしましょう。ゲーム業界は最低限のスキルを持っていることがスタートラインとなりますので、「何も分からないけどゲームを作りたい気持ちだけは誰にも負けません!」というようなアピールでは採用してもらうことができません。

転職の時点で独学で勉強できる能力を持っていない人は、就職してからも生き残るのが難しいですからね。

具体的な添削は転職エージェントへ

ネットで志望動機について検索すると様々なポイントを知ることができますが、最終的なチェックは転職エージェントへ任せるようにしましょう。ネットの情報はあくまでも最低限のポイントであり、答えではないからです。

人によって経験やアピールポイントは変わってきますし、応募する企業によっても重要視するアピールポイントも違ってきます。極端な話、志望動機と重視する会社とスキルだけを重視する会社によっても分かれますからね。

転職エージェントでは専任のキャリアコンサルタントが一人一人にあった的確なアドバイスをしてくれますし、上記で説明したポイントを抑えながら添削を行ってくれます。

また、キャリアコンサルタントは企業の採用担当者と頻繁にやり取りをし、どういった人材を探しているのかも熟知していますので、受ける企業に合わせて志望動機を作成することができますよ。転職エージェントは無料で利用できますので、一度利用しておきましょう。

関連記事:ゲーム業界の転職におすすめの転職エージェント