ゲーム業界内で転職する方、全くの別業界からゲーム業界へ転職する方、条件は人によって様々だと思いますが、クリエイター職ではスキルが必須となるため自分の年齢で転職ができるのかって、かなり気になりますよね

そこで今回は、ゲーム業界での転職と年齢の関係について一つずつ解説していきたいと思います。

20代は比較的簡単に転職できる

まずは20代について。20代は比較的簡単に転職することができます。当然、最低限のスキルは必要になりますが、未経験でも独学で学んだスキルだけでも作品を完成させられるほどの能力があれば、採用してもらえるケースが多いです。

20代後半になってくると、そのハードルが少しずつ高くなっていきますが、少なくとも20代前半であれば新卒同様に扱ってもらえますので、挑戦してみる価値は十分ありますよ。

最終学歴は『大卒 > 専門卒 > 高卒』の順番で有利になります。特に大手のゲーム会社ほど「大卒しか採用しない」となっていることが多いので、求人へ応募するときは自分の学歴と会社の規模をしっかりと確認しておきましょう。「専門卒なのに大手ばかり応募している」ということがないように!

関連記事:未経験でゲーム業界に転職することは可能?必要な年齢や資格について解説

ある程度業界で働いた経験のある20代であれば、別の会社に転職することはそれほど難しくありません。自分のスキルでどのような企業に転職できるのかは転職エージェントで詳しく教えてもらうことができますので、一度相談へ行ってみましょう。

関連記事:ゲーム業界の転職におすすめの転職エージェント

30代は経験とスキルが必須。未経験は厳しい

30代の転職ではこれまでの経験とスキルを武器にして転職を行います。35歳を越えればスキルのある人でも転職が難しくなるとも言われていますので、完全な未経験では残念ながら採用してもらうことはほとんど不可能に近いです。企業の一般的な考えとしては「35歳からはディレクターやプロデューサーなどのマネジメント的ポジションを任せたい」という考えがありますからね。

よく『35歳がデッドライン』と言われていますが、この考えはあながち間違いではありません(もちろん企業の考えによっても違いますが)。

別業界でも営業や広報の仕事をしていたのであれば、クリエイターとしてではなく宣伝の仕事としてゲーム関連に携わるのも上手に転職するためのポイントとなります。

すでにゲーム業界で働いている経験があるのなら、そのスキルを活かした転職が可能となります。プログラマーや3DCGなど職業によって必要なスキルは違いますが、業務の中でそれらのスキルは携わっているはずですから今更新たに学びなおす必要もないでしょう。

面接のときのポイントとしては『コミュニケーション能力があることをアピールする』ということ。先ほども説明したように、35歳からはマネジメントの立場を任されることが多くなるので、部下を管理・指示できる能力が必要となります。マナーやコミュニケーション能力がない人材はあっさりと不合格にされますので、注意しておきましょう。

アピールの仕方としては、「前職では周りとどのように仕事をこなしてきたか」を話すといいでしょう。協力してプロジェクトを成功させたことが伝われば、面接官にも好印象を与えることができます。

また、30代からは離職をしてフリーランスとして働く人も多いです。最近では部分的に外注を雇うゲーム会社も多くなってきましたからね(特にソーシャル系)。フリーランスなら次の仕事に就くまでに休憩期間を取ることができ、中には「半年働いていて1ヶ月休む」という働き方を繰り返す人もいます。

最近ではレバテックフリーランスのように、フリーランスへ仕事を回してくれる人材紹介会社も存在しますので、「体力的にそろそろキツイな」という場合は一度検討してみるのもおすすめですよ。

現在の仕事のスキルを活かせるのであれば未経験でも転職のチャンスあり

先ほども少し説明したように、現在の仕事のスキルを活かせるのであれば30代でも全くの未経験からでゲーム業界に転職することが可能です。

例えば、現職がプログラマーやSEであればゲームプログラマーに転職することができます。ゲーム開発の現場で使う言語はコンシューマーがC++、ソーシャル系(アプリゲームなど)がC#となりますので転職前に勉強しておく必要がありますが、最近はオンラインレッスンも用意されているため取得は難しくありません。

関連記事:働きながらゲームプログラマーを目指すならTechAcademyのオンラインレッスンがおすすめの理由

デザイナーであれば3DCGや2DCGなどを作成するグラフィックデザイナーになれますし、最近ではスマホゲームの流行によってUIデザイナーの需要が一気に高まっていますので、少し業界の違うWebデザイナーの人でも十分に転職のチャンスはあります。

また、営業や広報などゲーム業界には非開発職もあります。専門技術は必要ありませんし、ゲーム会社にとっては非常に重要な職種でもありますのでやりがいも十分。「ゲーム業界で働きたいけどスキルもないし、こんな年齢じゃ無理だよな…」と感じている人の最後の抜け道です。

関連記事:ゲーム業界の営業職への転職 – 仕事内容やおすすめの転職エージェントを解説

40代はマネジメント能力が必須

35歳を超えるとマネジメント能力が必要となりますので、40代の転職でも現場を管理するスキルと経験が必須となります。転職サイトを見てみるとプロデューサーやディレクターを募集している求人が多くみられますので、それらに応募しておけばいいでしょう。

40代で転職を考えるということは「給与」や「労働時間(残業の多さ、休日の少なさ)」などに不満があって転職を考えているかと思われますので、一度転職エージェントに相談してみるといいでしょう。専任のキャリアコンサルタントが希望する条件の求人を紹介してくれますので、効率よく求人情報を集めることができますよ。

関連記事:ゲーム業界の転職におすすめの転職エージェント