新卒から3年以内の人材を『第二新卒』と言いますが、ゲーム業界では比較的必要とされている人材層ですので、「今からゲーム業界へ参入したい!」という人でも十分チャンスがあります。

特に専門学校などから入ってきた人材は熱意やヤル気が伴わずすぐに辞めてしまうことが多いため、一度別の会社へ就職したけどやっぱり夢を捨てきれない!という人の方が好まれやすい傾向にあります。

しかし、そうはいっても熱意だけで就職はできません。必要最低限のスキル(独学でもOK)というものはありますので、今回はそのあたりを解説していきたいと思います。

第二新卒の転職で必要なスキル

ゲーム業界へ転職するのであれば最低限ゲームを作れるスキルが必要であり、面接の際に作品の提出が必要となります。クオリティはアマチュアレベルでも問題ありません。求められるスキルや提出すべき作品について見ていきましょう。

ゲームプランナー

ゲームを企画するゲームプランナーを目指すのであれば、企画書を作れるスキルが必要です。タイトルやゲームの仕様(コンセプト)、概要などを考え「どういったゲームなのか?」といったことを説明できるようになっておきましょう。

それから、プログラミングやマーケティング、UI/UXデザインなどの企画以外のスキルも必要となる場合が多いです。そもそもゲームプランナーは経験者採用が中心となっていますので、ライバルはゲーム制作実績のある人材ばかりとなります。

そういった人材に勝つためには『熱意』こそが最大の武器となりますので、企画書を作るだけではなく「自分はプログラミング言語を独学で学ぶほど本気だ!」ということをアピールすることで採用率を上げることができます。マーケティング力、UI/UXデザイン力に関しても同じことが言えます。自分の本気度を見せるためにプラスアルファのスキルを学んでおきたいですね。

プログラミングに関してはUnityとC#が独学で学べて、かつ転職にも役立ちますよ。

ゲームデザイナー

ゲーム内のキャラやアイテム、背景などのデザインを担当するゲームデザイナーでは、絵を描けるスキルやCGモデルを作れるスキルが必要となります。もともとはゲーム系専門学校や美術系の大学でデッサン力を身につけた人が就職する道ですからね。第二新卒で目指すの場合でも、同様のスキルが必要となります。

資格は必要ありませんし、専門学校・美術系の学校卒である必要もありません。

趣味で絵を描いたり、CGを作っている人であれば完成した作品を持ち込んでみるのもアリですね。採用担当の目に止まればそのまま採用してもらえるケースもありますよ。

「まだ自信がない」「自分のスキルで採用してもらえるか不安」という場合は、転職エージェントに持ち込んで相談してみましょう。専任のキャリアコンサルタントが今のスキルで採用してもらえるか客観的に判断したうえで、求人紹介やスキル見直しのアドバイスを行ってくれます

関連記事:未経験でゲーム業界に転職することは可能?必要な年齢や資格について解説

ゲームプログラマー

仕様書に基づいて実際にゲームを組み立てていくのがゲームプログラマーの仕事。2017年現在ではコンシューマーゲームはC++、ソーシャルゲームはC#で開発されていますので、これからゲームプログラマーへ転職するのであればどちらかの言語を使えることが必須となるでしょう。

最近ではCodeCampのようにアプリゲーム作成のオンラインレッスンなんかもありますので、独学でも十分プログラミング言語を学ぶことができますよ。難しそうに感じますが、オンラインレッスンで集中して学べば数ヶ月で簡単なアプリゲームを作ることができますし、ゲームを作った実績は面接でかなりのプラス評価に繋がります。

独学だと分からないことが多く時間もかかってしまいますが、オンラインレッスンならすぐにプロに質問することができるので、現在の仕事を続けながらでも十分学べますよ。

ゲーム業界への転職は年齢が高いほど不利になりますから、1秒でも早く転職を成功させるためにもプログラミング習得ごときで手こずっている場合ではありません。

CodeCampの詳細はこちら