当サイトはゲーム業界へ転職するときに知っておきたい情報をまとめたサイトです。「未経験だけどゲーム業界で働いてみたい」「就職に必要なスキルを知りたい」「将来的にも生活できる職種なのか知りたい」「面接時に評価が良くなる受け答えの方法を知りたい」など、ゲーム業界の転職に関することを知りたい時に、ぜひご活用ください。

職種別 年収や仕事内容まとめ

開発職

非開発職

  • 宣伝
  • 広報
  • 法務
  • 営業
  • ライセンス担当
  • 渉外関係


転職活動中のポイント

ポートフォリオの作り方

経歴書と同じぐらい大切なポートフォリオ作成のコツ

経歴書の書き方(志望動機など)

志望動機のポイントなどを紹介

面接での注意点

気を付けておきたい受け答えまとめ


クリエイター転職に強いおすすめ転職エージェント

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターの詳細 オススメ度 ★★★★★
求人数 ★★★★☆(2000件以上)
求人の質 ★★★★★
サポート力 ★★★★★
拠点 東京(新宿)
  • Web業界・ゲーム業界専門の転職エージェント
  • 大手マイナビだからエージェントのサポート力が高い
  • 未経験でも参加できるWeb業界向け転職個別セミナーに参加できる

マイナビが運営するWeb・ゲーム業界に特化した転職エージェント。クリエイター職の転職であれば一番最初に登録しておくべきエージェントです。

人材業界大手のマイナビが運営していることもあり、在籍しているキャリアコンサルタントのレベルは非常に高く、相談に的確なアドバイスを返してくれることが1つの特徴。「今後のキャリアプランについて」「ポートフォリオ・職務経歴書の作成アドバイス」「自分のスキル・年収が同世代の人と比べてどうなのか?」など、気になることは何でも相談してみましょう。

それから、求人の質の高さもマイナビクリエイターの魅力。求人を出す企業側からしても、中小の転職エージェントよりも大手の転職エージェントの方が優秀な人材を確保できる確率が高くなりますので、大手であるマイナビクリエイターに優良求人が集まる傾向にあります。「残業が少ない」「年収○○万円以上」「育休の貰いやすい職場」などの条件はもちろん、「こういった仕事をしたい!」という明確な仕事内容をキャリアコンサルタントに伝えれば、その希望に合った求人を素早く紹介してもらうことができますよ。

一度マイナビクリエイターに登録しておけば、定期的に開催されている「業界第一人者のキャリアアップセミナー」「転職成功事例セミナー」など様々なセミナーに参加できますので、キャリアアップに悩んでいる方は一度参加してみるのもおすすめですよ。

レバテックキャリア

レバテックキャリア オススメ度 ★★★★★
求人数 ★★★★☆(非公表)
求人の質 ★★★★☆
サポート力 ★★★★★
拠点 東京(新宿)
  • IT/Web業界専門の転職エージェント
  • 元業界人多数!ハイレベルなエージェントが丁寧に転職をサポート
  • 相談だけでもOK!個別相談会実施中

IT・Web業界に特化した転職エージェントがレバテックキャリア。この業界の転職エージェントではトップレベルで人気であり、マイナビクリエイターと同じく最初に利用しておくべき転職エージェントだと言えます。

クリエイター職に特化しているわけではなく、あくまでも「IT/Web業界をサポートする中の一つにクリエイター職がある」という感じなのですが、それでも大手から隠れた優良中小企業まで幅広く求人を取り揃えていますので、求人の数自体はマイナビクリエイターに劣りますが、求人の質は同レベルで高いです。

また、在籍するキャリアコンサルタントは元業界人も多いため、仕事内容を相談した時にすぐ話を理解してもらうことができ、適切なアドバイスをもらうことができます。日頃から企業の人材担当とのヒアリングをかかさず行っており、面接前に「企業が欲しがっている人物像」「効果的なアピールポイント」などを教えてもらえるのも、レバテックキャリアの強みだと言えます。

「転職をしたいけど、まだ決心がつかない」「最近自分のキャリアプランについて不安になることがある」という場合は、個別相談会から参加するのもおすすめ。転職をする気がなくてもプロのキャリアコンサルタントに悩みを相談することができ、自分のキャリアを見直すことができます。個別相談会は登録が必要ですが、料金自体は無料ですので、気軽に参加してみましょう。

Geekly(ギークリー)

ギークリーの詳細 オススメ度 ★★★★★
求人数 ★★★★☆(6000件以上)
求人の質 ★★★★☆
サポート力 ★★★★★
拠点 東京(渋谷)
  • IT/Web/ゲーム業界専門の転職エージェント
  • ゲーム業界はソーシャルゲーム求人に強め
  • ヒアリング後すぐに求人を紹介してもらうことも可能

GeeklyもIT/Web/ゲーム業界専門の転職エージェントとして有名です。ネットサーフィンをしているときに広告を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

マイナビクリエイターやレバテックキャリアと同じく元業界出身者のキャリアコンサルタントも数多く在籍しており、丁寧なヒアリングが口コミで好評です。テキトーに求人を紹介するわけではなく、初回登録後は必ず面談でのヒアリングが用意されており、職務経歴書を元にかなり突っ込んだ現在の仕事内容を質問されます。

しかし、威圧的な雰囲気は一切なく、「不足しているスキル」「アピールできるポイント」をしっかりと教えてもらうことができます。

面談が終わった後、すぐにその場で15~20件の求人を紹介してもらえる手早さもGeeklyの魅力。転職エージェントによっては連絡が遅かったり、求人の紹介を全くしてくれないこともあり、そういったエージェントを使うと転職活動期間が長引いてしまうので、レスポンスの速さは転職エージェントを比較する一つのポイントとなります。

取り扱っている求人はマイナビクリエイターやレバテックキャリアと同じく大手から中小企業までは幅広く用意されています。3つのエージェントに登録して、紹介される求人を比較してみるのがいいでしょう。

ゲーム関連の求人だけで言えば、Geeklyはソーシャルゲーム求人の数が多くなっていますので、「据え置きゲームよりもスマホのゲームに興味がある!」という場合は、Geeklyを中心に利用していくのがおすすめです。

ワークポート

ワークポートの詳細 オススメ度 ★★★★☆
求人数 ★★★☆☆(2000件以上)
求人の質 ★★★★☆
サポート力 ★★★☆☆
拠点 東京(品川)/横浜/名古屋/大阪(中央区)/福岡(博多区)
  • ゲーム業界の転職に定評がある転職エージェント
  • 迅速な対応!積極的に転職活動をしたい人に人気
  • 転職活動を強力にサポートするオリジナルツールも満載

ワークポートはゲーム業界の転職に定評がある転職エージェント。ゲームディレクター・プランナーから3Dデザイナー・サーバー開発エンジニアまで幅広い職種に対応しており、大手・中小に限らず全国の求人を取り扱っています。据え置き・ソーシャルどちらでもゲーム業界の求人が欲しい方はおすすめです。

ただし、ワークポートは上記の3つの転職エージェントとは違い、少し事務的に処理されてしまう傾向にあります。求人の紹介はとても早く、迅速に応対してくれるのですが、定期的に転職状況を聞いてくるような丁寧なサポートは行われておりません。

対応は早いので自分からガツガツ転職活動を行う人との相性はいいのですが、「自分のキャリアプランの見直しから手伝ってもらいたい」「転職するか迷っており、相談だけしたい」という方にはおすすめできません。(他の転職エージェントと同じように、初回面談時には希望求人の話し合い、面接、書類作成のアドバイス、面接対策アドバイスなどは行われます。)

また、ワークポートに登録すると自分の転職活動中の進捗が一目でわかる『e コンシェル』やスマホから面談予約できるシステム・面談事前入力ツールなどのオリジナルツールを使用することができます。これらのツールも自分から積極的に転職したい人には便利なツール達ですので、ワークポートは自分から転職を進めたい人におすすめだと言えます。

マスメディアン

マスメディアンの詳細 オススメ度 ★★★★☆
求人数 ★★★☆☆(2000件以上)
求人の質 ★★★★☆
サポート力 ★★★☆☆
拠点 全国
  • 広告/Web/マスコミ専門の転職エージェント
  • 宣伝会議グループが運営!4万人超の転職支援実績あり
  • 担当キャリアコンサルタントが1対1で最後までサポートしてくれる

広告/Web/マスコミ専門の転職エージェントがマスメディアンです。業界向け出版や教育事業で有名な「宣伝会議」が運営していることもあり、広告に関係する求人にとにかく強いことが特徴です。

映像ディレクター、グラフィックデザイナー、ファッション誌のコンテンツ企画、SPツール企画・制作、営業など、クリエイター職であればどの職業でも対応しています。また、一般求人誌ではなかなか出回らないインハウスの求人も豊富に取り扱われています。

キャリアコンサルタントは1対1のサポート体制です。他の転職エージェントでは「求人を集めてくる担当者」と「求人紹介・面接アドバイスをしてくれる担当者」の2人体制となっていることも多いですが、マスメディアンでは全て1人のエージェントが担当してくれます。このおかげで、最初の面談で伝えた希望条件にマッチした求人を紹介してもらえる確率が高くなり、スムーズに転職活動を進められるようになります。

また、キャリアコンサルタントに転職をサポートしてもらえるだけではなく、定期的に開催されるキャリアアップセミナーに参加したり、登録後から配信される業界の最新情報が分かるメルマガを見ることで、自分から転職活動を進めることも可能です。

クリエイター業界の最新転職事情!

ネットの発達に伴い、企業のマーケティング領域の拡大や自社メディアの拡大、スマートフォンゲームの拡大によってクリエイター業界の需要は急速高まっています。しかし、クリエイターという少し専門性が高い分野でもあることから人材が圧倒的に不足しているのが現状です。

Webやゲーム業界を専門とする転職エージェントがここ数年で増加しているのもその証拠。現状のクリエイターの数だけでは不足しているので、他業種からの転職や「Web広告の仕事に興味がある」「営業で働いてるけど、やっぱりゲームに関わる仕事をしたい」といった未経験の転職者をサポートし、クリエイターとして働ける人材を増やそうというわけです。

昔はクリエイター職と言えば「残業や深夜労働があたりまえ」というイメージでしたが、最近では女性の転職者が増えていることからもワークライフバランスが整いつつあります。また、クリエイターの数が増えればクリエイターという職が人気になり、一般的なものとなれば世間からの評価も正当なものに変わり、より働きやすい環境にもなります。

転職エージェントでは、ただ求人に応募できるだけではなく、専門のキャリアコンサルタントが今後のキャリアプランも含めて転職アドバイスを行ってくれます。未経験者だと「何もスキルがないけど働ける場所あるのかな?」と不安に思うことがあるでしょうし、現在働いている人も「自分のスキルで転職できるところあるのか?」と疑問に思うこともあるでしょう。そういった疑問や悩みを解決してくれるのが転職エージェントの役割です。

「転職するつもりはないけど、自分のスキルや年収は同年代と比べて低いのか高いのか知りたい」といった相談にも乗ってもらうことが可能。利用は全て無料で、利用したからといって必ず転職しなければいけないわけでもありません。結局は転職者の本気度に左右されますから、強く転職を希望する人も、そうでない人も気軽に相談してみましょう。